SSスクール【妙高市の少人数・個別指導塾】

新潟県妙高市の学習塾 成績アップ・高校合格を徹底サポート!

四字熟語

【意味】仏門に入り、悟りを開こうと固く決心すること。転じて、あることを成し遂げようと強く決心すること。

「念」という文字が入っているので仏教の言葉かなと推測できますが その通りで
「一念発起菩提心(ぼだいしん)」の略だそうです
本来の意味を考えてしまうと 我々一般人がそうそう使っていい言葉か悩んでしまいますね
仏様と言って思い浮かべているお釈迦様は 悟りを開いた第一人者(とここでは簡単に言ってしまいます)
お釈迦様のような人物になるためには 何か相当な苦難や修行が必要なのではと思って構えてしまいます

ただ仏門ではなくとも 人生の中で苦難や苦労というものは絶えず目の前にやってきます
そのときに挫けず 前進させてくれるのが「強い信念」というものなのではないでしょうか
人間は弱く 放っておくと水のように低いところへと流れていってしまいます
その弱い心を 強い信念で一念発起し せき止めることが成長・飛躍する要因のひとつでしょう
この信念に 願わくば「誰かのために」と付け加えて欲しいと思います
「自分のために」だと甘えが出たり いいように解釈してしまいがちです
親のため 友達のため 家族のためにと自分の信念を貫ける人は とても強い人です

新年 あけましておめでとうございます
新春を寿ぎ 皆様のご多幸をお祈り申し上げます

テーマもなしにお見苦しい文章を書き連ねるのは申し訳ないので
週の初めには四字熟語を紹介していこうと思います

・前途洋洋
[意味]今後の人生が大きく開けていて、希望に満ちあふれているさま。
「前途」は将来、目標までの今後の道のり。「途」は道のりのこと。
「洋洋」は水があふれるように一面に満ちている様子。前途が大きく広がっていることを表す。

英語では"rosy future"が相当するそうです 文字通り"バラ色の未来"と言うことですね
残念な話ですが 12月31日から1月1日のたった1日で ずぼらだった人が真面目な人に変わることは
ありません ただしどこかをターニングポイント・きっかけにすることはできます
「今年こそは」と思うきっかけが今日であれば それを実行することで
未来はバラ色 希望に満ち溢れているのではないでしょうか

↑このページのトップヘ