【意 味】全員の心をひとつにし、一致協力して物事を行うこと。
「戮力」は力を合わせる意。「協心」は心をひとつにして調和を図ること。

あまり耳にしない四字熟語ですし、【戮】という文字を見て連想するのは
「殺戮」といった怖いイメージです。そこで、小学館の漢字辞典を開いてみたところ、
【戮】の意外な意味が載っていました。

ひとつめはの意味は『殺す』で、これは前出の使い方とあっています。
次に法律用語なのだそうですが、戮屍などと使い、『死んだ者をばらばらにする』という
意味があります。そして今回の戮力という『力を合わせる』といった意味も存在します。
この【戮】という感じには「ばらばらにする」と「あわせる」という真逆の意味があると
いうことでした。漢字にはその成り立ちから象形・指示・会意・形声文字という分類に
なっています。一字一字に由来があり、意味がある漢字を調べてみるのも面白いかも
しれませんね。