【意味】一生に一度だけの機会。生涯に一度限りであること。生涯に一回しかないと考えて、
    そのことに専念する意。「一期」は仏教語で、人が生まれてから死ぬまでの間の意。

よく耳にする四字熟語だと思います。ですが、これはもともと茶道の心得を表した語であると
いうのはご存知ですか?かの有名な茶道の師、千利休が「どの茶会でも一生に一度のものと
心得て、主客ともに誠意を尽くすべき」と諭したのがこの【一期一会】です。

今はそれが転じて「一生に一度だけかもしれない出会いを大切にしなさい」という意味に
なっています。学生時代の出会いなどは、まさにそう思います。同じクラスになった友人でも、
高校や大学・就職などで離れてしまえば自然と疎遠になってしまいます。たとえそうなることが
わかっていても、その時その時を共に楽しみ、喜びを分かち合い、時が経ったときに思い出して
懐かしめる記憶を心に残すことが、その人との出会いを大切にするということなのではないでしょうか。