【意味】中身が充実して飾り気がなく、心身ともに強くたくましいさま。
   「質」は質朴、「実」は誠実の意で、「質実」は飾り気がなく、まじめなこと。
   「剛健」は心やからだが強く、たくましいこと。

先日行われたプロ野球 日本シリーズは、第7戦の最終戦まで決着がつかず、たくさんの
方が見られたと思います。また日本シリーズだけでなく、シーズンを通して楽天ゴールデン
イーグルスの田中将大投手には驚かされるものがありました。13年シーズンを無敗の24連勝で
飾ったのは、もちろん日本プロ野球記録。そんな彼は「スプリット」と呼ばれる変化球で
相手の打者をほんろうさせ、三振や凡打の山を築きました。

彼とは別に、元阪神・現メジャー投手の藤川球児という選手がいます。彼も変化球は投げるのですが
何といっても彼の持ち味は「ストレート」。清原選手との対戦によって、こだわりとなったストレートは
「火の玉」とも評され、彼の代名詞となっています。

多種多様な変化球を駆使し、打者の意表をつく名投手もいます。しかしその一方で、ストレートという
まっすぐで飾りのない球でも、それがくるとわかっていて打ち返せないくらい磨き上げた一球を
投げることができれば、評価され活躍することができます。なにごとにも、誠心誠意まっすぐに
ぶつかっていくことで、その道が開けるのではないでしょうか。