【意味】さまざまな花の色の形容。また、色とりどりに咲いている花のこと。
    「千」「万」は数の多いことを示す。類義語は『百花繚乱』。

首都圏ではもう桜の見ごろは過ぎ 若葉が目立ってきていることと思います
一方 新潟や雪国の多くでの桜は【新生活の象徴】になっています
高田公園の桜も日を追うごとに赤みが増して 開花の時を待っています

今週の四字熟語はそういった春の花たちを表現した言葉です
寒い冬の時期に耐え 待っていたとばかりに咲き始める花たちは
見ているこちらも気持ちが華やかになります その花たちに負けじと
生徒の皆さんもきれいな花を咲かせるべく 毎日を一生懸命
過ごして欲しいと思います