【意味】目的を達成するために、どんな苦労にもじっと耐えること。

こちらは有名な四字熟語で 国語の先生がよく使ったりしますね
「臥」はふして寝る意味「薪」はその字の通りマキです
「嘗」はなめること「胆」は苦いキモのことです
もとは敗戦の恥をすすぎ敵に仇を討とうと苦労を重ねることの意味でした

想像してみてください 薪の上で寝ている光景を!今時 TVの罰ゲームでも
やりませんね…そんな辛いことを耐えてまでも 目的に向かって耐え
乗り越えるという熟語です 私も直接なめたことはありませんが
この言葉から「あぁ キモっていうものは苦いものなのだな」とわかります

近しい言葉に 堅忍不抜や不撓不屈といった言葉があります
どの言葉も目的に向かって辛いことでも 熱意をもってやり抜くという
意味が込められています 昔から日本人や故事のできた中国では
【がんばる】という精神が美徳とされてきたのですね