【意味】すぐれた才能と美しい容姿の両方をもっていること。
    「才色」は才知・才能と顔かたちのこと。「兼備」は兼ね備えること。

言わずと知れた四字熟語だと思います 多くの場合 女性をさして使われるのは
【色】が使われているからでしょう もちろん男性に対して使っても誤用ではありません

ここからは個人的な主観ですが 知能にあふれ 物事を筋道を立てて考えられる人は
男女関係なく (顔がという意味ではなく)容姿が整っていると思います
すぐ感情的になったり 生活環境がルーズな人は どこかそのルーズさが
容姿や雰囲気に現れていると感じます まずは自分の周り 部屋や机の上などの
整理整頓を心がけてはいかがでしょうか そうしていくと次第に頭の中も整理され
【才色兼備】へと近づいていくものと思います